33-Networks.com

ITインフラ関連の技術情報サイト

200 キャパシティプランニング②

200.2 将来のリソース需要を予測する

(重要度:2)

説明

リソース使用率を監視して、将来のリソース需要を予測できること。

主要な知識範囲

  • collectdを使用してITインフラの使用を監視する
  • システム構成でのキャパシティの限界点を予測する
  • リソース使用量の増加率を観察する
  • リソース使用量の傾向をグラフ化する
  • Nagios、MRTG、Cacti といった監視ツールを知っている

 

 

About

地方のインフラ系エンジニアです。 技術情報や資格のための学習情報をUPしています。

View all posts by